会社概要


[概 要]
会社名  日本鋲螺株式会社
代表者  代表取締役社長 西川倫史
創 立  昭和14年創立
 昭和28年株式会社となる
資本金  4,500万円(払込資本金)
所在地 ・本社工場
 東大阪市吉田4丁目4番32号
 〒578-0924 アクセス
 電話(072)962-0761 FAX.(072)965-5514
・八尾工場
 八尾市福栄町2丁目8番地
 〒581-0844 アクセス
 電話(072)998-1015 FAX.(072)998-1017
・商品センター
 八尾市上尾町4丁目11番12号
 〒581-0851 アクセス
 電話(072)998-1016 FAX.(072)998-8116
会社敷地
 本社工場 10,000平方m
 八尾工場 4,700平方m
 商品センター 2,000平方m
建物面積
 本社工場 7,900平方m
 八尾工場 3,200平方m
 商品センター 1,230平方m
取引概況
 主要仕入先   株式会社神戸製鋼所
 新日鐵住金ステンレス株式会社
 主要取扱商社  神鋼商事株式会社
 三井物産株式会社
 阪和興業株式会社
取引銀行 
 三菱東京UFJ銀行  東大阪支店
 三井住友銀行  小阪支店
 りそな銀行  布施口支店
 みずほ銀行  東大阪市店



本社
本社


[沿 革]
昭和14年  先代社長岩本利一が個人事業にて大阪市東成区で岩本製鋲所
 を設立、鋲の製造を始める。
昭和20年  大阪市東成区深江町で岩本製鋲商事部を設立、ねじの販売に進出する。
昭和28年  岩本鋲螺工業株式会社に組織を改め、ねじの製造に着手、
 太径冷間圧造ボルト製造に成功。
昭和32年  東大阪市高井田に所在地を移し、名称を日本鋲螺株式会社と改め、新工場の建設、
 新機械の増設を行って冷間圧造六角ボルト製造に専念する。
昭和36年  製品の増産と精度の万全を期する為、東大阪市吉田の現所在地に本社及び工場を
 設置し移転する。
昭和40年  設備の合理化・増産計画により工場及び最新式高速機械を増設する。
昭和42年  払込資本金1,400万円に増資。
昭和43年  高級精密ボルト量産の為、工場増築及び大型機械導入。
 寮設備拡充の為、洋風鉄筋コンクリート寮建設。
昭和45年  払込資本金2,800万円に増資。八尾市福栄町に八尾工場建設。
昭和46年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
昭和49年  資本金4,500万円に増資。
昭和50年  製品品質の向上と安定の為、(株)神戸製鋼所より素材ロッドの供給を受け、
 伸線設備を八尾工場に設置、素材からねじ製品までの一貫生産体制を確立。
昭和51年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
昭和53年  検査設備充実の為、(株)島津製作所万能材料試験機その他検査機器を購入し
 検査室を設置する。
昭和54年  製品在庫充実の為、八尾工場敷地内に立体倉庫建設設置。
昭和56年  ステンレス鋼製六角ボルト量産の為、生産設備充実、在庫生産に積極的に取り組む。
 東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
 在庫管理その他事務合理化のためオフィス・コンピュータ導入設置する。
昭和58年  日本工業規格表示許可工場となる。
昭和59年  本社事務所社屋を新築完成。
昭和61年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
昭和63年  SCM六角穴付きボルト生産の為、生産設備充実、在庫生産に取り組む。
平成 2年  ステンレス六角ボルトの日本工業規格表示許可工場となる。
平成 3年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
平成 5年  六角穴付きボルトの日本工業規格表示許可工場となる。
 日本水道協会検査工場となる。
平成 8年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
平成10年  立体自動倉庫を設置した商品センターを建設。
 製品在庫の充実を図る。
平成11年  ISO9002認証取得(本社、本社工場、八尾工場、商品センター)
平成12年  ステンレスロッド表面処理設備を導入する。
平成13年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
平成14年  ISO9001認証登録(本社、本社工場、八尾工場、商品センター)
平成18年  ISO14001認証登録(本社、本社工場、八尾工場、商品センター)
平成18年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
平成20年  本社工場拡張(敷地10,000u・建物面積7,900u)
平成23年  東大阪税務署より優良法人の表敬を受ける。
平成26年  六角穴付き皿ボルトの日本工業規格認定工場となる。